mihajlovic's Tumblr RSS

Archive

10月
19th
permalink
事情通に言わせると「本は名刺代わり。講演会やセミナーで稼ぐ」ということになる。
 たしかに講演会は割がいい。
 60〜90分喋るだけでウン十万円だ。
 
 ところがね、ここだけの話、セミナーはもっと儲かるらしいよ。
 100分程度のセミナーで2万円ぐらいは当たり前。それを4回で1セットにして合計8万円。セミナーに50人来れば、あっというまに400万の売り上げが立ってしまう。
 マジメに毎年ベストセラーを出すのと同額が、セミナー1セットで稼げちゃう。
 売れているもの書きなら、参加者は100人を越えるかも知れない。
 セミナー1セットで800万。年間で10回シリーズを転がせば、それで8000万の売り上げだ。
 すげえ!とんでもなく儲かる!!
 
 いや、まだまだ上には上があるんだよ。
 直接、参加者を呼ぶタイプのセミナーではなく、CDやビデオ素材を定期購読させる「通販型セミナー」だったら、利益は天井知らずだ。
 CDやDVDプラスちょっとした冊子の教材を毎月送付して、年会費が10万〜20万。その他、特別セミナーや特訓ゼミなどという名の4〜10万円するコースをどんどん受講させる。
 ネットでちょっと調べただけで、こういうビジネススクールやセミナーがすごく増えているのがわかるだろう。
 不景気だからこそ、ビジネスマンは自分磨きに熱心だ。いま経済的に余裕のある人には、そういういわゆる「セミナージプシー」になっちゃってる人もあんがい多い。
10月
18th
permalink
鉄拳プロジェクトは『乳揺れ禁止令』をずっと発令していたんですが、「5」のモデル製作時にモデルデザイナーがこっそり揺らし用のリグを仕込んでいました。で、それ以来、私や米盛ディレクターにばれないよう少しずつ揺れのパラメータをアップさせていったようですが、どのキャラが最大なのかは、仕込んだモデルデザイナーを問いたださないと解りません。
しかしながら、禁止令を破った事や罰則を恐れて名乗り出ないため、そのあたりの真相がわからないというのが現状です。
デバッグ時点では揺れず、終ロム提出時に揺れているという隠ぺい工作までしていますから、プログラマの一部も加担しているのは間違いないです。

ただ、最近とある格闘術を教えてくださる女性教官が、

「どんなに押さえても揺れるといえば揺れますよ」

とスカイプでおっしゃっていたので、

「揺れるんですか?」 

と聞き返し、 

「ええ揺れますね」

とおっしゃったので、

「揺れてしまうんですね?」

と聞き返したところ、

「ええ私の場合は揺れてしまいますね」

とお答えになったので、

「揺れるというのはどのように?」

というやりとりを15分ほど続けた結果、揺れても仕方ないのかもしれない、と最近思うようになりました。
permalink
エンジンからモーターへ、ガソリンから電気へと変わることで、クルマの本質ははっきりと変わっていく。ガソリンエンジンは「荒ぶるマシン」であり、ドライバーが身体技術でこれを制御し飼い慣らすことでスピードを我がものとし、「行く」という制動性を謳歌することが出来た。一方で、電気で動くクルマは「行く」という主体性よりも「スムーズに移動する」という合理性への希求と表裏の関係を持つ。それはエンジンを制御するという運転の美学を抑制し、あらゆるところにトランスポートしたいという欲求、すなわち「移動」を最短、最小エネルギーで実現したいという冷静な意欲によって運用されるマシンである。居眠りをしている間に到着、という状況すらこのシステムは積極的に受け入れる。要するに、技術のシフトに呼応するように、移動技術は、運転への能動的な欲求を背景とした「ドライブ」系から、移動への冷静な意志に寄り添う「モバイル」系への移行がおこると予想される。
移動のための「モバイル」は、空気のように日常に寄り添う存在であるため、最も必要であるのにもかかわらず、人間の強い所有欲やあこがれの大賞にはならない。しかし巨大かつ無意識に希求されるものこそ産業の本質であるから、クルマ産業の中心はここに確実に移行していくはずである。移動のメインストリームは、個人のものから都市インフラに近いものへと変わっていくだろう。
一方で、そうした状況をつまらないと感じる、スポーツカー好き、エンジン好きも末永く存在するはずだ。だから、比重は小さくなるものの、ドライブ志向のクルマは、移動への主体性の象徴としてその輝きを失うことはないかもしれない。しかし進歩の速度が緩やかになるために、エンジン車は危険と隣り合わせの趣味性の高い乗り物になる。道路に引かれた白線という約束のみを頼りに、ミスの多い人間に運転のすべてをゆだねていた時代があったという事実に、やがて人々は戦慄を抱くようになるわけで、そうなると、エンジン車をドライブするような命知らずの行為にはなかなか戻れない。したがって、エンジン車でのドライブに誘って、すんなり同乗してくれるとすれば、それは強い信頼の証で、とてもロマンティックな出来事になる。
他方では、レジャービークルなどは、自然志向の高まりと共に更に進化していくだろう。人為の痕跡もないような極まった自然の中に、先端テクノロジーを駆使してぽつりと存在したいという衝動は、理性に自負を持つ人間の根源的な欲望のひとつである。植民地文化の華やかなりし時に、西洋人がことさら極まった野性的環境の中で、白いテーブルクロスと、白服の給仕係をともなって、フルコースの食事をしたがった心性も同じ動機に起因するものだ。電気がエネルギーとなるなら、キャンピングカーなどはさらに高性能化していくことが予想される。クルマが移動ツールのみならず情報ツールとしてのコミュニケーション性、さらに移住性や娯楽性を高めていくため、性能のいいクルマを手にすれば、家も持たず、自然の中で暮らし、仕事もするような人も登場してくるかもしれない。こういう局面では法整備も必要になってくるだろう。
都市部では、全体制御により渋滞が緩和され、排ガスの問題も軽減する。運転免許は特殊なクルマに限定される。常に孤独に見せられる若者たちは「一人用マシン」に注目しているかも知れない。自転車や一人用ビーグルは新しい移動技術の流行を作るだろう。すべての移動技術は速度を別にすれば「歩行」の自立性に近づくはずだ。
産業全体としては、「乗用車/商用車」のような区分ではなく、「ドライブ/モバイル」「都市/自然」「パブリック/パーソナル」というような要因が、新たな領域区分として意味を持ちそうである。
— 「 欲望のエデュケーション / 移動への欲望 / 原研哉」 (via gtokio) (via toyolina) (via gkojax-text) (via kogumarecord) (via deli-hell-me) (via mitaimon) (via kiri2)
permalink
多くの会社はバージョン1.0に機能を詰め込みすぎる
きらいがある。競合と機能で競いたい欲求には逆らいがたい。
競合に機能で勝てなければ、誰も買ってくれないだろうと自分を納得させるのだ。
[…]
バージョン1.0の目的は、2.0以降のバージョンの開発費を作り出すことなのだ。
permalink
俗に言う「コミュ力が高い」と言われる人は「どうでもいいことでも遠慮せず周りに話したがる人」なんですよね。僕は「どうでもいいことでいちいち話しかけるのは申し訳ない」って罪悪感を持ってしまうタイプなんです。だから「コミュ力」が低いんです。これは”罪の意識”の問題なんです。
Twitter / km170 (via katoyuu)

(kiri2から)

10月
15th
permalink
ニコニコ動画の般若心経黄色訳は、リアル坊主から見ても名訳だと思います。

   超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
   誰でも幸せに生きる方法のヒントだ

   もっと力を抜いて楽になるんだ。
   苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ
   この世は空しいモンだ、痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ

   この世は変わり行くモンだ。苦を楽に変えることだって出来る、全てはお前次第だ
   汚れることもありゃ背負い込むことだってある
   だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ

   この世がどれだけいい加減か分かったか?
   苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ

   見えてるものにこだわるな
   聞こえるものにしがみつくな
   味や香りなんて何のアテでもなりゃしない、揺らぐ心にこだわっちゃダメさ、
   それが「無」ってやつさ、先の事は誰にも見えねえ

   無理して照らそうとしなくていいのさ
   見えない事を愉しめばいいだろ。それが生きてる実感ってヤツなんだよ

   正しく生きるのは確かに難しいかもな
   でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ

   菩薩として生きるコツがあるんだ、愉しく生きる菩薩になれよ

   全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
   適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ

   勘違いするなよ。非情になれって言ってるんじゃねえ

   夢や空想や慈悲の心を忘れるな。それができりゃ涅槃は何処にだってあるのさ。

   生き方は何も変わらない。ただ受け止め方が変わるだけだ。
   心の余裕を持てば誰でも仏陀になれるのさ。

   今までの前置きは全部忘れても良いぜ
   でも、これだけは覚えとけ

   俺達が苦労して見つけたモンをまとめて教えてやるからよ
   耳かっぽじってよく聞けよ?

   「唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを超えたものなり」

   「悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する」

   心配すんな、大丈夫だ。
permalink
permalink

(元記事: codegeass (solidlimeから))

permalink

シュールストレミングを相手の溜まり場に投げ込んだって復習話が忘れられない

875: 本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 23:16:31.26 ID:HYdtwdqu0
あった、これだ

貧弱君の反撃
小、中、高校とただの本好きの貧弱君として過ごしてきた俺。
高校時代、いじめに遭っていた。

最初は些細なことだった。授業中、不良グループのたわいない悪戯に同調しなかったせい。
教育実習の女の先生が泣くのを見たいというただそれだけの
理由で、一切無視という通達が回ってきた。

実習が上手く行かなかったら当然教師にもなれないだろうし、
そもそも不良どもの言うことを聞いて無視なんて嫌だったから、
通達が回って最初に当てられたのが俺だったけど、俺は普通に受け答えをした。
それがきっかけで、クラスのみんなも無視せず、無事に実習は終わった。

さて収まらないのは不良グループ。
彼らには不良なりの面子があるらしく、「貧弱君に逆らわれた」
「クラス内のモヤシも支配できてない」とのことで
校内の不良連中や先輩達から散々馬鹿にされたらしい(よく解らない理屈だが)

彼らの行動様式は非常に単純で、俺は放課後、笑いながら肩を組まれ、
さも遊びに行くような格好で部活棟の倉庫に引きずり込まれた。
地面に立てる形のサンドバッグ(?)にくくりつけられて、不良グループの
一人の傷害で退部させられたもとボクシング部に、吐くまで腹を殴られ続けた。
もともと貧弱な俺は胃液に血が混じるまで吐いた。

「被害状況」
・内臓、特に胃にダメージ。神経性の急性胃潰瘍も含むらしい
・肋骨4本にヒビ。胸骨にもヒビ。
・体中打撲だらけ。手のひらと二の腕に煙草での火傷。
・眼鏡全損。購入価格32000円
・学ランとスラックス没収。あわせて15000円ぐらい?
・トランクスを引きずり下ろされた姿勢で土下座。(ろくでなしブルース参照)
 その姿を写真に撮られ、「チクったらネットに流すから」
・チクろうがチクるまいが、女子更衣室にその写真は「驚愕!@@クンの実態!」
 という実名と住所入りで置かれていたことが判明。

涙と鼻水と鼻血とゲロを流しながら、
「こいつら、一人残らず絶対殺す…」と厨房まる出しの決意をしていた。

焼却炉に学ランとスラックスを入れて燃やされ、財布も学生証もその中だったため、
暗くなるまで待って、カッターシャツにトランクス姿で部活棟の中を捜し、ジャージを拝借して帰宅。
自宅が徒歩県内でよかったが、歩くだけで全身が痛くてたまらなかった。

自宅に帰って、すぐに泣きながらシャワーを浴びて、血と汚れを落としてから、
両親にぼそぼそと
「ごめん、自転車でガケから転げ落ちて」と訳のわからない説明をした。
その夜は夕食が食べられず、また夜になって酷く身体が痛み出し、全身が熱くてたまらず、
我慢できずに母親を起こして、緊急外来に連れて行って貰った。
40度近い熱があり、吐き気と下痢もひどかった。打撲と亀裂骨折が原因だと診断されて、
入院を申しつけられた。一時は少し危険な状態だったらしい。
両親は、うすうす感づいていたようで、「誰にやられたか教えて欲しい」と言って
いたが、俺はただひたすらに黙っていた。

3日後、ようやく自宅に戻った俺は、復讐の準備にかかった。
今で言う厨二病患者全開の上、貧弱オタクの嗜みとして武器マニアでもあった俺は、
素手ではかないっこない不良グループを、武器で何とかしてやろうと本気で思っていた。

・ナイフ。いやナイフ持ってても多分勝てそうにない。そもそもナイフ術だって
 難しいし、キレてたって恐くて刺したり斬ったり出来そうにない。
 さらに相手も持ってるかも…

・スタンガン。基本だけど、元ボクサーの奴とか、もの凄く素早かった。警棒タイプ
 の奴でも触れる自信が全くない。

・警棒。木刀…同上の理由で断念。確か不良グループには剣道の経験者もいたはず。
 俺など武器のほうに振り回されるのがオチだ。

・飛び道具。これだ。スリングショットや吹き矢、クロスボウだったら、不意を打てば
 絶対に勝てる。ガスガン・エアガンなら小さいころから扱ってた。自信がある。
 購入ボタンをクリックしようとして、ドアをノックされて飛び上がる俺。おそるおそる
 ドアを開けると、紅茶とバウムクーヘン(大好物)のお盆が置いてあった。
 おふくろ様の心遣いだ。泣きながら食べた。そしてやめた。両親を
「殺人犯の親」だの「ゲーム感覚で人を撃つオタク少年の両親」だのでマスコミに
 さらし者にする可能性に、遅まきながら気付いたのだ。
 同時に、全国の罪なき武器マニアの人たちに迷惑をかけることになるとも思い至った。
 モニターの照り返しだけが灯りの室内で、俺はバウムクーヘンを食べ続け、
 ぼたぼた涙を流しながら考え続けた。
 そして、輸入代行のホームページを開くと、局留めで品物を発注しはじめた。

////////////////////////////////////

そして一月ほどあと…
あれから傷も治り、普通に登校し、表面上は通常の学校生活を営んでいた。
登校し始めてから、女子の気の毒そうな視線や影でのくすくす笑いこそあったものの、
不良グループは、貧弱オタクの反撃の可能性など考えてもいなかったようだ。

別の目立たないクラスメイトが手ひどいいじめにあっていたようで、彼は金を主に取られていたらしい。
彼には悪いが、怯えて完全服従の振りをして、奴らの行動パターンを探り続けた。
不良グループのメインメンバーは基本的に5名、これは俺をリンチしたときのメンバーでもある。
ボクサー崩れが一名、剣道経験者(ただし無段)が一名。それ以外は格闘技経験者などはいないようだが、
相撲取りみたいな体格の奴が一人いた。

奴らは、基本的に、午後はさぼりが多いが、全員がそのまま揃うことは余り無く、
金曜日のみ、たまり場になっている部活棟の倉庫に集まり、全員が集まってから
どこかに遊びに行く(または不良女を誘い込んでそこでエロ活動をする)ようだ。
我ながら気持ち悪い笑みを必死に押し殺して、週末を待った。

そして金曜日。授業なんて全く耳に入らなかった。先生も俺を当てなかった。
午後の授業をサボって、部活棟の隣の空き教室で、準備を調えた。前日までに
何回かに分けて運び込んでいた「物資、弾薬」が、画材入れの箱に偽装されてそこにあった。

頭の中では影山ヒ@ノブと遠藤@明、ささきい@おと水@一郎が熱唱し、主観的には
復讐劇の主人公、客観的にはタダの変態を著しく超越した凄い変態という外見で、準備を完了する。

・服装はSWAT(の安物レプリカ)黒の戦闘服、肘パットに膝パット、軽量のコンバットブーツ
・頭部はフリッツヘルムとガスマスク
・防弾ベスト(俺の貯金では、一番安い38口径上限のケブラーベストしか買えなかった)
・腰・胸には各種ポーチ。ただし転ぶと刺さってあぶないので刃物は持たず、強化樹脂の
 バックアップナイフのみ所持
・FM盗聴ラジオで不良グループのたまり場を盗聴。

ちなみにこれらのお馬鹿装備を購入するのに、1@万円を費やし、自分名義で貯めて
おいた郵便貯金はほとんど吹っ飛んだ。まともな思考能力を持っている人は真似をしないこと。
部屋の隅っこにあった小さい鏡の前で様々にポーズを取り、生まれて初めての
「戦闘態勢」に興奮していた。そして、耳にさしていたFMラジオから、奴らの声が入りはしめた。

背筋に電流が走ったようになり、首筋の毛が逆立つ。
足ががくがくしてきて、歯もカチカチしてきた。武者震いというよりただ怯えていたのだと思う。
不良どもの、良心の呵責などこれっぽっちもありませんという
気楽な表情のままめり込む拳固の痛さを、嫌でも思い出す。

それでも、かえってそれが自分を叩き殺したいほどの悔しさを思い出させてくれた。
これも購入しておいたユンケル黄帝液を2本飲み干すと、震えを押し殺して、相手が揃うのを待つ。
既に三人が部屋に入っている。今日はこれから、校外の女子グループとカラオケに行くらしい。

ちなみに資金は、目立たないクラスメートから巻き上げた小遣いである。
4人目が到着。かねて容易の各種武器を最終点検し、慎重に取り出した「それ」を用意する。
そして、5人目が到着する。
その音声を聞くと同時に、俺は震える足をもつれさせつつ、行動を開始した。

不良どもは、揃ったところですぐには出ていかない。
大体15-20分ほど、馬鹿話をしたり煙草を吸ったりして、「週末の放課後」とやらを満喫してから出て行く。

まず、たまり場の倉庫のドアが閉まっているのを確認して、ポーチからガムテープを取り出す。
震える手ながら手早く、外開きのドア取っ手部分に、音をさせないように
ラワン材木で閂をかけ、ガムテープで外れないようにガッチリと固定する。

盗聴ラジオからは、奴らの持ち込んだゲーム機の音声と、雑談の声のみ。まだ気付かれていない。
作業を完了すると、駄目押しに、車輪に機械油をたっぷり差して音を消した、
バスケットボール満載の収納台を押してきて、ドアの前に安置した。
震えは止まったが、今度は笑いがあふれてきて止まらなくなっていた。

必死に笑いを堪えつつ、倉庫の窓を見る。使わないプレハブを倉庫にしてあるだけなので、
窓は一つ、上に小さな換気窓が一つあるだけ。
笑いと緊張に震える手で、「武器」を引っ張り出しかけ、思い出してガスマスクを被り直す。
呼吸と視界を確認して、ポーチから缶を、胸のマガジンポーチから缶切りを引っ張り出す。

…そう、缶には「シュールストレミング」の文字が記載されており、
発酵ガスでパンパンに円筒の缶がぷっくりと膨らんでいる。
航空便が禁止されてしまったため、わざわざ船便で買い付けた最終兵器だった。
前日までの準備で、倉庫の小さな換気窓は、ガラスそのものを外してある。
そして俺は、窓に忍び寄ると、膨張した缶の蓋に、缶切りを突き刺した。

「カキッ」という小さい金属音は、「バシーッ!」という、思い切り振った炭酸飲料の
缶を開けたときのような音にかき消された。驚いて取り落としそうになるのを堪える。

『なんだ?』『クサくね?』

缶を完全に開ける予定だったが、それは無理そうだ。恐ろしい音と怪しい汁を
したたらせる缶の反対側にもう一度缶切りを突き刺し、引き抜いた缶切りをポーチに
収納すると、かねて容易の台に登る。
そして、換気窓から、「開封したシュールストレミング」を投げ込んだ。

ゴトン!ベシャッ…(汁の広がる音)
『なにやぁ?…げええええ!』『ぐぶべううああああ!』
『クセ…ゲエエエエエエ!!!』

今までの人生で一番機敏な動きで窓から離れ、近くの茂みに隠れる俺。
パニックになっている倉庫内の様子が、耳に付けっぱなしの盗聴ラジオから聞こえてくる。
中では、声にならない悲鳴と咳、吐瀉音が響き渡り、ドアにたどり着いた奴が必死に
ドアを開けようとする金属音と泣き声。

『ゲエエエ…(ビシャビシャ)は、早くアケ…アケ…』
『アガネ!アガネェエエ!』

ドアを乱打しても、取っ手にギリギリとおる厚さの、分厚いラワン材のカンヌキはビクともしない。
生涯最高の爽快さを味わいつつ、FMラジオの録音をしっかりと確かめる俺。
そして彼らは、反対方向にある窓に殺到した。
だが、鍵を外し、必死にサッシにつめを立てても、ガタガタ揺れるだけで窓は開かない。

当然である。なぜなら、防犯用の補助鍵…窓用エアコンなどで既設の鍵が使えない
場合用の、増設用の鍵…を、前日までにしっかりと、3つほど外から仕掛けてある。
もはや堪えきれずに、茂みを転げ回って爆笑する俺。
そして、打つ手の無くなった不良どもは、椅子や金属バットを振りかざして、思い切り窓ガラスに叩きつけた。

ビシッ!
窓ガラスに真っ白なヒビが入るも、割れ落ちない。繰り返し叩きつけられるが、穴が開かない。
笑いの余り、呼吸困難を起こしかけてのたうち回るガスマスク姿の俺。
通常、防犯用に張られる、侵入・飛散防止用のフィルムを、前もってキチンと張って置いたのである。
ただし、自分で張ったとはいえ、意外にもこの防犯フィルムが一番高くつき、@万円が吹っ飛んだのではあったが。

錯乱の余り、窓やドアではなく、壁を破ろうというのかやたらに叩いたり、わずかな
外気を求めて換気窓に顔を押しつけようとして争ったりする様子が克明に伝えられてくる。
(…死ね!呼吸困難かアレルギー起こして死ね!)

笑いの余り涙ぐみつつ、撤退行動に入ることとする俺。車のクラクションの数倍の
音量と言われるパワー・アラームを取り出すと、近くの柱にガムテープでくくりつけて、
黒く塗った凧糸を、引き抜き式のスイッチに結びつける。

凧糸を伸ばしつつ、物資を隠していた部活棟倉庫まで来ると、手早く「戦闘服」を脱ぎ捨て…
「オゲエエエエエ!」
ガスマスクを外した瞬間、吐いた。

眼がぶん殴られたようなショックで、涙と鼻水がとまらない。
缶を開けたときの「爆心地」にいたことを忘れており、「残り香」だけで
こんな威力を持っているとは想像もしなかった。
(奴ら、冗談抜きで、死ぬかも知れない)
パワーアラームのスイッチに連動した凧糸を思い切り引っ張り、校舎内に鳴り響く
轟音と共に、俺の復讐は幕を閉じた。

俺は着替えた後、道具一式を隠したのち、部活棟の側でゲーゲー吐いて倒れ込み、
集まってきた他の生徒と共に被害者の振りをして帰宅した。
両親は何かを察したらしいが、輝く俺の笑顔をみて、好物のオムライスを作ってくれた。

結局、装備品一式は、防弾ベストを除いて、全て川原のキャンプベースで、灯油缶の中で燃やした。
灰は近くのどぶ川に流した。
防弾ベストだけはあまりにもったいなくて燃やせず、ファブリーズを二本使った後、
しばらく土中に埋めて臭い抜きをしたが、他の衣服は肥溜めの数倍はありそうな臭気で
洗っても無駄と判断し、焼却処分となった。

不良どもは、吐瀉物が気管支に詰まって窒息死かけた奴が一人、ショック症状で舌が
喉に詰まって死にかけた奴が一人いたが、後はそれほど酷いことにはならなかったらしい。

学校側は、「事件について心当たりのあることがあったらなんでも書いて欲しい」
ということで無記名の原稿用紙を配布したが、そこでカツアゲ被害者を筆頭に、
多数の被害報告が出て、程なく五人とも退学処分がくだった。
当然、異臭事件の犯人は捕まらなかった。

一生にたった一度だけの、世にも馬鹿馬鹿しい「喧嘩」の記憶である。
10月
14th
permalink